原子力損害賠償請求支援

  • HOME »
  • 原子力損害賠償請求支援

いいたて農家支援センターができる原子力損害賠償請求支援

原子力損害賠償請求チェック
(請求漏れ等がないか)
+添付資料・基礎資料作成

手順

1)請求資料一式を持参いただき確認します。

2)東京電力相談窓口にご一緒に行って、手元にある資料と請求に差異がないか確認します。

3)請求漏れ等があれば、東京電力相談窓口から求められる資料の収集・作成します。

内容によっては、行政書士、弁護士、司法書士、税理士等への依頼。別途費用がかかります。

4)村民の方に、収集・作成した資料を同封し、東京電力へ請求をしていただきます。

※個別ADRの資料も作成します。求められる避難経過や伝えたいことを聞き取りしながら文書もしくは表として作成します。
弁護士ではないので、代理申請はできません。

報酬

基本料1万円(税別)+増額した金額に応じた手数料(個別計算)
※請求漏れがなくても、確認のため1~2日間はかかりますので、基本料の1万円(税別)はいただきます。

上記のほかに実際にあった相談内容

1. 東電相談窓口についてきて欲しい。一緒に聞いて欲しい。
2. 請求に関する必要書類を集めて欲しい。
3. 請求に際し、求められる添付書類を作って欲しい。
4. 相続登記を行って欲しい。(この場合は、司法書士と連携)
5. 現場立ち合いに一緒に来て欲しい。一人では心細いので一緒に聞いて欲しい。

お問合せ先

いいたて農家支援センター 
代表 横山 秀人(行政書士)

電話 024-563-7066

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © いいたて農家支援センター All Rights Reserved.